KoM's Travel Note

Note of Top Contributor of Travel Review Site



鬼怒川温泉で人気一番の宿「あさやホテル」、ウワサの100種類バイキング

 

鬼怒川温泉で人気一番の「あさやホテル」の宿泊メモ。

 

(英文テキストはこちら.)

 

あさやホテルの100種類バイキング・山盛りの甘エビ
山盛りの甘エビ
あさやホテルでの100種類バイキング

 

 

 

鬼怒川温泉で人気一番の宿「あさやホテル」

旅行サイトなどで、栃木県日光・鬼怒川温泉エリアで人気No.1のホテルがあさやホテル

ちょっと前に、家族の誕生日祝いを兼ねた旅行で、このあさやホテルを6人(1室2人で3室)で利用したことがあります。

実際に利用してみると、あさやホテルが人気No.1の理由が実感できました。

 

 

「千と千尋の神隠し」を連想させるホテル館内

あさやホテルに最初入ると、まずインパクトのある光景にびっくりします。

 

このあさやホテルは、正面から見ると、低い建物のように見えます。ところが、中に入ると、眼下に広がる、深い吹き抜けが現れます。

こんな感じです。

 

あさやホテルの吹き抜け風景
あさやホテルの吹き抜け風景

 

宮崎駿の映画「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」を連想させる光景です。

このとき、訪れたのは4月下旬で、こどもの日に近いので、吹き抜けに鯉のぼりが飾られていました。

 

地下に広がっている感もあり、どういう構造になっているのか、一瞬「?」となります。

断面図にすると、こんな感じになっています。(想像なので正確ではないと思いますが。)

あさやホテルは低い岩盤の上に建物が建てられている
低い岩盤の上に建物が建てられている

 

 

あさやホテルの入口を入ると、そこは建物の上階になっていて、眼下に吹き抜けが現れるわけです。

 

川の方から建物を見ると、こんな感じになっています。なお、この建物はあさやホテルとは別のホテルになります。

それにしても、よくこんな場所に建てたものだと思います。

鬼怒川温泉郷のホテル建物
鬼怒川温泉郷のホテル建物
(写真の建物はあさやホテルとは別の物です)

 

 

宿泊した部屋はタバコ臭がちょっと残念

あさやホテル・秀峰館・洋室
宿泊した部屋:秀峰館・洋室

 

今回の宿泊したのはあさやホテルの秀峰館・洋室。

部屋の広さはやや狭めで、ビジネスホテルのツインルームのような感じ。

この部屋では、ラグジュアリーホテルで贅沢ステイというのは難しいかもです。

しかし、今回は一泊の利用で、次の日の朝には日光江戸村に行くので、滞在時間も短かかったので、部屋の広さはあまり気になりませんでした。

 

また、あさやホテルに宿泊して残念だったのは、宿泊部屋のタバコ臭さ。

事前に「禁煙」部屋をリクエストしていたのですが、部屋に染み付いたタバコ臭さが匂います。部屋に入った瞬間、匂いが気になります。

部屋に備え付けてあった、空気清浄機をフル稼働させて、だいぶタバコ臭が減りました。

 

あさやホテルの100種類バイキング
空気清浄機の風量全開で部屋に染み付いたタバコ臭を消す

 

 

あさやホテル名物の「100種類のバイキング」

あさやホテルの名物の一つは、館内レストランの「ASAYA GARDEN アサヤ ガーデン」でのバイキング。

 

その料理の数が100種類あり、訪れた時には

  • 一人用のすき焼き鍋
  • 山盛りの甘エビ
  • 山盛りのイチゴ
  • 自分で好きな刺身をのせてつくる勝手丼

などバラエティに富んでいます。

次から次に食事が出てきた「千と千尋の神隠し」の宴会風景のようでもあり、食のエンタメのようにも感じました。

 

そのときの写真は、以下のような感じです。

 

あさやホテルの100種類バイキング・ASAYA GARDEN アサヤ ガーデンの入り
ASAYA GARDEN アサヤ ガーデンの入り口

 

あさやホテルの100種類バイキング
こどもの日の兜などが飾られている
ASAYA GARDEN アサヤ ガーデン

 

あさやホテルの100種類バイキング
一人用のすきやき鍋
あさやホテルでの100種類バイキング

 

あさやホテルの100種類バイキング・自分で好きな刺身をのせてつくる勝手丼
自分で好きな刺身をのせてつくる勝手丼
あさやホテルでの100種類バイキング

 

あさやホテルの100種類バイキング・日光名物の湯葉を使った料理
日光名物の湯葉を使った料理
あさやホテルでの100種類バイキング

 

あさやホテルの100種類バイキング・囲炉裏で焼かれる魚介類
囲炉裏で焼かれる魚介類
あさやホテルでの100種類バイキング

 

あさやホテルの100種類バイキング・デザートの種類も豊富
デザートの種類も豊富
あさやホテルでの100種類バイキング

 

あさやホテルの100種類バイキング・山盛りのイチゴ
山盛りのイチゴ
あさやホテルでの100種類バイキング

 

さらに、料理の数が100種類あるだけでなく、このあさやホテルのバイキングのよいところは、「制限時間がないこと」。

時間制限のあるバイキングですと、「食べること」がメインとなってしまいますが、慌てずに、ゆっくり食せるのが素晴らしいです。

なお、 100種類もあると、お腹いっぱいになりやすく、全種類の料理を制覇したい場合は、少しずつ盛ることがポイントだと思います。

 

 

朝食も充実したバイキング

次の日の朝食は、「ダイニング和彩工房」でのバイキング。

朝食の料理品数は、夕食のような100種類はないと思いますが、かなり充実した内容になっていました。

自分で作るオリジナルサンドなど、ユニークなものもあります。

 

朝食でのバイキング:自分で作るオリジナルサンド
朝食でのバイキング:自分で作るオリジナルサンド

 

 

ぜひ食したい「あさやホテル名物:あさや特製和牛カレー」

あさやホテル名物:あさや特製和牛カレー
あさやホテル名物:あさや特製和牛カレー

 

「あさや特製和牛カレー」も、あさやホテルの名物らしいです。

 

「牛カレー」というと、私の中では、日本航空・JALのサクララウンジなどで供される「JALカレー」というのが、今まで食べたカレーの中で上位にランキングします。

ただ「JALカレー」は、コクありすぎで、一度食べると「しばらく食べなくてもいいかな」という感じになってしまいます。少しするとまた食べたくなり、2-3ヶ月に一度ぐらいにJALカレーを食すのが、適宜な間隔かなと自分は思います。

 

この「あさや特製和牛カレー」は、

黒毛和牛の旨味と30種類以上のスパイスが醸し出す極上の美味しさ

というキャッチ文のように、食してみると、たしかに美味しいカレーです。また、JALカレーとは違い、日常的に食べてもいいかなという感じがしました。

 

「あさや特製和牛カレー」は、夕食時のバイキングだけでなく、朝食のときにも供されていました。

また、あさやホテルに宿泊しなくとも、あさやホテルのレストランをランチで利用しても、この「あさや特製和牛カレー」が楽しめます。

さらに、お土産処では、お土産用のカレーも用意されています。

 

あさやホテルを利用した際には、この「あさや特製和牛カレー」は、ぜひトライしたい料理と言えます。

 

 

 

あまり印象がない温泉

あさやホテルの館内の案内図
あさやホテルの館内の案内図

 

あさやホテルがあるのは「鬼怒川温泉」という場所で、その場所柄、温泉が有名です。

あさやホテル内にも、大浴場の温泉があります。

しかし、その印象を思い出そうとしても、あまり特徴というか、印象がありません。

今まで、雪の中の乳頭温泉や、海岸の道端にある温泉などを経験し、それらと比べると、あさやホテルの温泉は、よくあるタイプの温泉施設で、悪い点は無かったのではないかと思います。

なお、あさやホテル自慢の「空中庭園露天風呂」は、訪れた時はリニューアル工事中でした。

 

 

卓球場など、昭和時代の香りが残る

あさやホテルのゲームコーナー
あさやホテルのゲームコーナー

 

あさやホテルの中には、卓球場があり、宿泊者は利用することができます。

会議場のようなスペースに2台ほどの卓球台があり、たしか、予約して利用する形です。

また、卓球場近くにはゲームセンター。

ここらへんは、なんとなく昭和の香りがします。

  

 

あさやホテルの歴史

あさやホテルの歴史を調べると、時代の波に呑まれたりして、なかなか感慨深いものがあります。

 

1888年創業「麻屋旅館」

明治期に、鬼怒川温泉郷の温泉旅館として開業します。このときは「麻屋旅館」という名前です。

 

バブル期に建てられた「秀峰館」

1990年代のバブル期に、銀行の融資で造られたのが「秀峰館」です。

「秀峰館」は、さきほどの、吹き抜けのある、「千と千尋の神隠し」の場所です。

金色の内装などが、なんとなく時代の香りを感じさせるのは、その頃の建築だからだと思いました。

 

バブル崩壊で経営破綻

しかし、バブルが崩壊し、融資元の銀行が経営破綻し、あさやホテルも経営状態が不安定になってしまいました。

 

産業再生機構の支援により再建

2004年に、産業再生機構により支援が決まり、銀行などの債権が放棄となりました。

 

鬼怒川温泉エリアNo.1のホテルとして復活

老朽化した建物の解体、部屋数を小規模化など、いろいろな経営整理などを経て、あさやホテルが復活しました。

結果的には、現在、鬼怒川温泉で人気一番となりました。

あさやホテルを利用してみて、観光客が喜ぶ施策などを積極的に行なっている感は、なんとなく感じます。

たとえば、

  • キッズルーム
  • iPad貸し出し

などがあります。

 

あさやホテルのキッズルーム
あさやホテルのキッズルーム

 

 

あさやホテルを利用した感想

全体的に満足度が高いです。ホテル全体で、利用者の満足度を上げる努力を、各所で感じます。

あさやホテルの建物は古い感じは受けますが、適宜メンテナンスをされているようで、宿泊していて、上記の「部屋に染み付いたタバコの匂い」以外は、とくに気になることはありませんでした。

あさやホテルの名物とも言える「100種類バイキング」 は、一つ一つの料理の質も高く、食のエンタメとして、なかなか楽しめます。

ただし「鄙びた温泉宿でゆっくり」という用途によりは、大人数でワイワイガヤガヤ的な利用が一番でしょう。

 

 

おまけ)鬼怒川温泉の由来

あさやホテルがあるのは、鬼怒川温泉郷という、鬼怒川沿いの温泉街。

この「鬼怒川(きぬがわ)」という字面を見ると、「鬼」が「怒る」「川」でなんだか、物々しさを感じます。

昔は、この川が、洪水などで氾濫し、まるで「鬼」が「怒った」ような感じから、こんな名前になったのかと想像してしまいます。

この鬼怒川の由来を調べてみると、

「衣川」「絹川」と表記されていた。「きぬ」という音については、この地方の豪族の紀氏に因む「紀の川」の転訛説

「鬼怒川」という表記は、一説に明治9年(1876年)頃以降

というような由来があるそうです。「鬼」はあまり関係ないようです。

 

 

Have a nice trip! ☻

 

 

(英文テキストはこちら.)

 



Copyright © 2017-2018 KoM's Travel Note All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note