KoM's Travel Note

Note of Top Contributor of Travel Review Site


室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間



表示画像の不具合発生中
現在、一部の記事で、画像がうまく表示されない現象が起きています。
読みにくく、大変申し訳ございません。


室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋・一如庵さんでの贅沢な時間。

 

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
一如庵さんのお蕎麦(温)

 

 

初めての室生寺

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
初めての室生寺の訪問

土門拳の写真で有名な「室生寺」。

今回がはじめての室生寺訪問でした。

「五重塔」が、土門拳の写真で見たときの印象よりも、かなり小さかったものの、奥の方に進むと、階段でひたすら昇り、奥の院や七重の塔などが現れたのは、発見でした。

訪れたのは秋の頃で、境内は紅葉なども出始めていましたが、土門拳が撮られた、雪の時期の室生寺にも、いつか行ってみたいと思いました。

土門拳が、何回も室生寺を訪れ、晩年に近い年に、2週間ほど現地に滞在して、ようやく撮れたという写真なので、あの光景に出会えるのは、そう簡単ではないでしょうが。。。

 

 

古民家蕎麦屋・一如庵へ

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
一如庵さんのお蕎麦(冷)

室生寺をあとにして訪れたのが、
同じ宇陀市にある、蕎麦屋「一如庵」さん。 

 

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
一如庵さんの外観

しかし、ナビに情報登録がなく(訪問当時)、お店の看板も目立たない感じで、
お店の周りをグルグルと周り、ようやく辿り着きました。 

いわゆる、古民家をお店にした感じ。
中は現代風にキレイになっています。

 

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
一如庵さんの離れ席

事前の予約をしてあり、
普通の席ではなく、離れ的な個室へ。

お店の裏側に案内されるので、
最初、どこに行くのかと思いましたが、
そこにはステキな空間がありました。
(利用したのは、上の写真の席ではなく、中の席)

 

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
一如庵さんのメニュー

通常の蕎麦メニューもありますが、
今回は「昼の膳」をいただきました。
昼の膳は一人5,000円。

蕎麦屋で5,000円って、けっこうなお値段で、
事前に内容を確認していなかったので、
いったい何が出てくるのか、ドキドキでした。

 

室生寺のあとに訪れた古民家蕎麦屋での贅沢な時間
一如庵さんの昼の膳

すると、こんな感じの料理から始まりました。

懐石風に、蕎麦寿司、天ぷら、煮物などがでてきて、
最後は、お蕎麦(冷と温の両方!)とお菓子で終わります。

彩りも楽しい食事内容でした。
これで、あの値段でしたら、かなり満足のものです。

唯一残念だったのは、今回は車の運転だったのでお酒がNGだったこと。
お酒と一緒にいただきたかったです。

 

お酒は残念でしたが、
奈良の奥地の雰囲気とあいまって、ステキな食体験でした。

 

 

一如庵へのアクセス

 

 

Have a nice trip! ☻



Copyright © 2017-2021 KoM's Travel Note All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs