KoM's Travel Note

Note of Top Contributor of Travel Review Site

10月1日の「都民の日」を入場無料施設で楽しむ

10月1日は「都民の日」で入場無料となる施設がいろいろとあります。

 

10月1日は「都民の日」で入場無料施設がいろいろ

 

 

10月1日、東京都では「都民の日」として祝日となります。

 

 

「都民の日」の由来

なぜ、10月1日が都民の日となったのか、都のホームページを見ると、

明治31年、市制特例は廃止され、同年10月1日には、市会によって選ばれた市長をもつ新しい東京市が誕生し、市役所も開設。この新しい東京市誕生の歴史を忘れないため、大正11年10月1日「自治記念日」に定められ、その後、自治の大切さを自覚しようという願いをこめて、昭和27年に「都民の日」となった。

という経緯があるようです。

10月1日に「東京」が初めて自治体としてできた日のようです。

 

 

都民の日は、都関連の施設が入場無料

この都民の日では、東京都の学校などはお休みになることがあります。

(さすがに、会社は休みになりません。。。)

さらに、都が運営している美術館などの文化施設が無料になります。

 

簡単にまとめると、

平日が「都民の日」の場合は、社会人はあまり恩恵は受けない。

土日が「都民の日」となると、社会人もいろいろと施設に行ける。

ということになります。

 

対象の施設などは、「都民の日 入場無料」などと検索すれば、いろいろと出てきます。

  • 浜離宮恩賜庭園
  • 旧芝離宮恩賜庭園
  • 小石川後楽園
  • 六義園
  • 旧岩崎邸庭園
  • 向島百花園
  • 清澄庭園
  • 旧古河庭園
  • 殿ヶ谷戸庭園
  • 神代植物公園
  • 多摩動物公園
  • 恩賜上野動物園
  • 葛西臨海水族園
  • 井の頭自然文化園
  • 夢の島熱帯植物館
  • 東京港野鳥公園
  • 東京都江戸東京博物館(常設展のみ)
  • 江戸東京たてもの園
  • 東京都庭園美術館(庭園入園料のみ)
  • 東京都写真美術館
  • 東京都美術館
  • 東京都現代美術館
  • などなど

 とても1日ではすべての施設は回りきれません。

 

 

複数施設施設行きたいならば「上野エリア」

 

上野エリアには、

  • 上野動物園
  • 東京都美術館
  • 旧岩崎邸庭園

などがあり、上野公園を中心にまとまっているので、かなり効率的に回れます。

 

 

非日常感を味わうならば

ちょっと足を伸ばして葛西臨海公園。

水族館があり、これも都営です。

公園からお台場に行く船があり、ちょっとしたデイトリップができます。

 

 

Have a nice trip! ☻

 



Copyright © 2017-2019 KoM's Travel Note All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note | My Fav Songs