KoM's Travel Note

Note of Top Contributor of Travel Review Site



不思議な食味の「カリーヌードル」

カレーの中にラーメンを投入してしまった「カリーヌードル」。

 

不思議な食味の「カリーヌードル」

 

 

 

「カリーヌードル」に遭遇

この春に北海道を訪れた際、空港のお土産屋さんで、ちょっと変わったものが目に入り、買ってみました。

その名も「カリーヌードル」。

スープがカレーで、その中にラーメンの麺という食べ物。

そして、余ったスープは、ごはんと一緒に雑炊にするのがオススメの食べ方という。

 

 

開拓者精神溢れる北海道

どうしてカレーとラーメンを一緒にしてしまったのか?と一瞬思いました。

どういうきっかけで、この「カリーヌードル」が生まれたのかは知りませんが、「味噌ラーメン」という、従来とは違う風味のラーメンが生まれた北海道は、いろいろな味にチャレンジする風土をもっていて、日本人が好きな食べ物である「カレー」と「ラーメン」を一緒にしてみようと、誰かがふと思いついてしまったのでしょう。

 

 

「カリーヌードル」を実食

「カリーヌードル」の箱の中には、カレースープの袋と麺の袋があり、スープを適量の水で薄め、その中で麺を茹でて、完成です。それ以外の具はほとんどなし。具材はトッピグンしないことがオススメされています。

「カリーヌードル」を食してみると、そのものズバリ、カレースープと一緒に麺を食べる、まったく違和感のない味です。

白いご飯との相性もよく、この「カリーヌードル」をおかずに、白いご飯を食べることができます。名古屋の味噌煮込みうどんとごはんの関係に近いです。

 

 

カレー文化圏「北海道」

北海道といえば「スープカレー」が人気です。

「スープカレー」とは、インドカレーや欧風カレー、日本の洋食系カレーとは違った風味で、汁がさらりとした、スパイスがよく効いたカレー。

通常のカレーはごはんの上にカレールーをかけますが、この「スープカレー」の場合は、カレールーとご飯が別々で、ごはんをスプーンに乗せて、スープに浸して食べます。

「カレー」という食べ物が、北海道で独自の進化を経て、「スープカレー」になったような感じがします。

北海道のスープカレー屋さんが北海道外に出店しているのを除いて、北海道以外の地域で「スープカレー」に出会うことはほとんどありません。(私が出会っていないだけで、ひょっとしたら北海道以外のエリアにもあるのかもしれません。)

「カリーヌードル」は、そのスープカレーにラーメンの麺を投入したようなもので、たしかに食べ方としてはありだと思います。

考えてみれば、カレーうどんのような感じでしょうか。

 

 

「カリーヌードル」は株式会社 YOSHIMIの商品

この「カリーヌードル」は、「株式会社 YOSHIMI (ヨシミ)」の商品です。

 「株式会社 YOSHIMI (ヨシミ)」は、

  • 札幌カリーせんべい カリカリまだある?
  • 札幌おかき Oh! 焼とうきび

といった北海道の名物土産を手がています。

 

 

これらのお土産は何回か購入しているが、「株式会社 YOSHIMI (ヨシミ)」のことはあまりよく知りませんでした。てっきりお菓子製造がメインの会社かと思っていたら、飲食店の運営がもともとの事業だということです。

なお、

2012平成24年 2月 YOSHIMIカリーヌードル 発売

ということで、この「カリーヌードル」は、6年前に発売された商品。

 

日本にも、新たな食べ物が次々と出てきて、まだまだ知らない食べ物があるなと感じました。 

 

 

 

 

 

Have a nice trip! ☻

 



Copyright © 2017-2018 KoM's Travel Note All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note