KoM's Travel Note

Note of Top Contributor of Travel Review Site



フィンランド、ぶらり旅(その1):人生初のヨーロッパ

 人生初のヨーロッパはフィンランドでした。

 

フィンランドに着陸するときの飛行機から見た外の風
フィンランドに着陸するときの飛行機から見た外の風景

 

 

2016年と2017年、2年連続で北欧フィンランドを訪れました。

目的地をフィンランドにしたのは、 とくに明確な理由があったわけではなく、東京から直行便でいけるヨーロッパを探していたら、なんとなく「北欧」というキーワードが目に入り、その中でフィンランドを選びました。

 

 

人生初のヨーロッパ:フィンランド

2016年に訪れた時は、人生初のヨーロッパがフィンランドとなりました。 

しかし、フィンランドは、たしかにヨーロッパの一つですが、パリやロンドンといったヨーロッパの中心からは離れているので、「人生初のヨーロッパ」としてしまうのは、なんか違うかもしれません。

 

 

フィンランドとは

日本から最も近いヨーロッパ「フィンランド
日本から最も近いヨーロッパ「フィンランド」

 

フィンランドを簡単に紹介すると、こんな国です。

  • 小さな国:338,400 km²、日本378,000 km²

  • フィンランドの人口は550万人。首都ヘルシンキは140万人。

  • 北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。
  • ロシアと欧州諸国の間にある地政学的な重要性から、勢力争いの舞台や戦場にも度々なってきた。
  • 人口や経済規模は小さいが、一人当たりGDPなどを見ると豊かで自由な民主主義国。
  • サウナ文化:フィンランドの国民的文化の風呂。体を冷やすために湖で泳ぎ、さらにサウナに入って汗をかく。
  • シベリウスの交響詩「フィンランディア」。
  • マリメッコ:婦人服・紳士服・子供服のほか、鞄、インテリア用品や食器などの生活雑貨を製造販売する、フィンランドを代表する企業。
  • イッタラ:ガラス製品をはじめとするデザイン性の高いテーブルウェアの総合メーカー。
  • ノキア:美しいデザインで知られる携帯電話メーカー。
  • ムーミン:トーベ・ヤンソンが描いた北欧の妖精物語。

 

なお、フィンランドを訪れるにあたり、「空港から街への移動方法の確認」以外は、事前の下調べをせずに訪れました。

 

 

フィンランドに初上陸

空港で「Welcome to Helsinki
空港で「Welcome to Helsinki」

 

フィンランドに着き、まず印象的だったのが「白夜」。

フィンランドの空港で、飛行機から降りたのが、夜10時ごろ。しかし、その時間でも、外は真っ暗ではなく、夕暮れ時の、紫色の空が長い時間続いています。

訪れたのは6月ごろで、フィンランドは、この「白夜」の季節でした。

 

 

初めての白夜

フィンランド・ヘルシンキでみた白夜の光
フィンランド・ヘルシンキでみた白夜の光景

 

夏の北欧は、夜になっても太陽が沈まず、1日の昼間の時間が長いという「白夜」の状態となります。

夜の9時ごろでも、昼間の3時ぐらいのような感じで、外が普通に明るく、「夜」という感じがしません。その時間の街の人々も、仕事は終わっているので、余暇を楽しんでいる感じです。

深夜になり、一瞬真っ暗になりますが、午前3時ごろには昼間のような明るさになっています。

「白夜」という言葉は知っていましたが、実際に、数日間体験してみると、いつもとは感覚が異なってきます。

普段は、外の明るさで1日の時間を感じることが多いので、「夜なのに明るい」という白夜は、生活リズムが狂ってきます。

なお、冬は、逆に夜の時間が長くなります。

 

 

 

空港からヘルシンキへ

空港から鉄道で、フィンランドの首都であるヘルシンキへ移動します。

空港からヘルシンキまでの途中、何駅か停まり、乗客が乗ったり降りたりしますが、深夜にもかかわらず、家族連れのお客がいるのにびっくりしました。

白夜の時期は、フィンランドの人は夜更かしが多いのかもしれません。

 

ヘルシンキ中央駅に着いたのが、深夜0時ごろ。さすがに、その時間は真っ暗です。

しかし、駅前の周辺にはダンスクラブ的なお店がいくつかあり、賑わっています。日本の渋谷の繁華街的な感じです。

駅から歩き、ホテルにチェックイン。この日は、そのまま就寝。 

 

 

 

 

 

Have a nice trip! ☻



Copyright © 2017-2018 KoM's Travel Note All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note