KoM's Travel Note

Note of Top Contributor of Travel Review Site



ザ・ウィンザーホテル洞爺で出会った芸術的料理

21世紀のフランス料理界を代表する、Michel Bras(ミシェル・ブラス)の料理、料理の表現の奥深さを感じさせます。

 

Michel Bras(ミシェル・ブラス)の料理
Michel Bras(ミシェル・ブラス)の料理を楽しむ。

 

 

自然から料理を創作する料理人「ミシェル・ブラス」

フランスに「Michel Bras(ミシェル・ブラス)」という人がいます。

Michel Bras(ミシェル・ブラス)は、21世紀のフランス料理界を代表するといわれていて、「自然から料理を創作する料理人」と称されています。

 

wikiには、以下のように紹介されています

ミシェル・ブラス(Michel Bras, 1946年11月4日 - )は、自然から料理を創作する料理人と称され、21世紀のフランス料理界を代表するといわれている、フランス中南部オーブラック(l'Aubrac)地方の、ソムリエナイフで有名なラギオール(Laguiole)村でオーベルジュ(Auberge)「ミシェル・ブラス」を営むシェフ。

 

自らの名前「ミシェル・ブラス」を店名にしたレストランが、フランスにあります。

フランス料理界で有名なレストランガイドの一つであるゴー・ミヨ(Gault-Millau)が、70年代末にブラスを扱ったとき、「上質だが素朴な郷土の素材を活かして、これほどシンプルで、軽やかで、多様で、創造的で、素晴らしい"饗宴"を仕上げる術を持っている者は、ミシェル・ブラスのほかにはいない」と評した。

 

その料理を食べに、フランスまで行くのは大変ですが、日本に「ミシェル・ブラス」の料理を楽しめるところがあります。

 

 

北海道・洞爺湖にある「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」

日本で「ミシェル・ブラス」の料理を楽しめる場所は「ザ・ウィンザーホテル洞爺」。

 

北海道・洞爺湖にあるホテルで、2008年の「洞爺湖サミット」が開催された場所です。

ホテルの正式名称は「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」で、「スパ」という名のとおり、ホテル内に温泉施設もあります。

この「ザ・ウィンザーホテル洞爺」の中に、「ミシェル・ブラス」のレストランがあります。

 

 

 

ミシェル・ブラスの詩的なメニュー

訪れた日のメニューは、こんな感じでした。

詩的というか哲学的な文章のメニューです。

 

「Découverte」コース
  1. 現在では”クラシック”:
    若野菜で仕上げたガルグイユー;
    発芽豆&ハーブ、香りをつけたレドプール

  2. 津軽の入江より:
    黒砂糖でポワレしたアワビ;、
    アーティチョークビオレ&若い玉ねぎ、
    私たちの庭のバジル

  3. 熱くもなく・冷たくもなく
    バルザミットで際立たせた鴨のフォアグラのグリエ;
    メロンのチャツネ&ヴィネガーでマリネした北海道産サクランボ

  4. トリュフ&トリュフォ、
    ひとつはフランスから&もう一つは日本から、
    この時期のいくつかの葉野菜

  5. トムラウシより:
    ジャージー牛サーロインのポワレ;
    キャベツの葉、いくつかのジロール茸、
    ‘八丁味噌’のジュ

  6. フランス&北海道産のチーズ

  7. 81年オリジナルクーラン;
    アプリコットの流れる温かいショウガのビスキュイクーラン;
    私たちの庭で採れたローズマリーのアイスクリーム

  8. 今年初めて庭で採れた;
    あたためたカシス、
    この近くで採ったアカシアのアイスクリーム

  9. 小菓子、牛乳のリキュール

 

メニューに載っている以外の料理も、何品かでてきます。

 

 

ミシェル・ブラスのアート的な料理の数々

いくつか料理の様子を紹介します。

 

MICHEL BRASの卵料理
メニューにない料理。
初めの方に出て来ました

 

MICHEL BRASのガルグイユー
「ガルグイユー」
ミシェル・ブラスの料理を代表する一品らしいです

 

MICHEL BRASのトリュフ&トリュフォ
「トリュフ&トリュフォ」

 

なんだか料理なのかアートなのか。

「美味しいのかどうか」という点も、途中からどうでもよくなってきます。

たとえて言うならば、ピカソの絵を見て、「絵が上手い(=美味しい)」と心に思うよりも、「迫力がある、すごいな」といった印象の方が先に来て、圧倒されるのにも似た感覚です。

 

 

デザートもたのしい

デザートも圧巻します。

とくに、このデザートは、びっくりします。

MICHEL BRASのクーラン
「クーラン」
これもミシェル・ブラスの料理を代表する一品らしいです

 

スポンジケーキ的なもの(右側)をスプーンで刺すと、中からフルーツ・ソースが流れ出てきます。

これは「81年オリジナルクーラン」という一名前で、ミシェル・ブラスの料理を代表する一品とのことです。

 

オリジナルクーラン
「流れ出る」という意味をもつ「クーラン(商標登録済)」は1981年に完成したデザート。

 

たまに、チョコレートが流れ出てくるお菓子「フォンダン・ショコラ」がありますが、それに似た感じです。

 

 

また、アイスのワゴンのようなものが出てきて、コーンに好きなフレーバーのソルベを、ひとりずつ供したりします。

MICHEL BRASのソルベワゴン
「ソルベ」
これで二人分

 

 

最初から最後まで同じ「ナイフ」を使う

MICHEL BRASのナイフ
MICHEL BRASのナイフ
料理の最初から最後まで、同じナイフを使う

 

普通、フランス料理のちゃんとしたコースでは、フォーク・ナイフなどのカトラリーがずらりと並んでいて、料理の進行に合わせて、新しいものを使っていきます。

このミシェル・ブラスのお店では、そのやり方がちょっと変わっていて、フォークやスプーンなどは順次新しいものを使っていくのですが、「ナイフ」は最初から最後まで同じものを使い続ける、というルールになっています。(お店のスタッフに言えば、新しいものに交換してもらうことはできます。)

 

それは、こんな理由からだそうです。

ライヨール村には、一生に一本、質の良いナイフを持ち、手入れをしながら、それを生涯大切に使い続けるという伝統があり、「今日の食事の間だけは、その伝統に倣って最後まで同じナイフでお楽しみ下さい」という、シェフの思いが伝わってくる趣向である。 もちろん頼めば換えてもらえるが、食べ終わったとき、パンでナイフをぬぐってナイフレストに置く。

 

ライヨール村(ラギオールとも呼ぶ)は、フランス南部にある人口1,200人あまりの小さな村で、ミシェル・ブラスの地元です。その村は、ソムリエナイフなどの刃物産業が盛んで、上記のような「一生に一本、質の良いナイフを持ち、手入れをしながら、それを生涯大切に使い続ける」という伝統があるそうです。

 

たしかに、切れ味のあるナイフでした。

なお、翌朝、ホテル内のお店で、そのナイフの値札を見たら、けっこうな、よいお値段でびっくりしました。

 

 

4時間の饗宴

この日の食事は、18時ごろから始まり、終わったのは22時ごろ。約4時間の夕食です。

メニュー上の品数は9品ですが、メニューにない料理が何品もでてきて、今回は初めてのミシェル・ブラスの料理だったので、その仕組みもよくわからず、「いつ料理が終わるのか?」とドキドキしてきます。

高級なレストランで「饗宴」という言葉が宣伝などで見かけますが、その文字がピッタリな感じで、アート的な食のエンターテイメントだと思います。

 

 

夕食付き宿泊プランがおトク

今回は、某予約サイトで「フレンチ「ミシェル・ブラストーヤジャポン」ディナー付プラン/スーペリアツインレイクビュー」という宿泊プランを利用しました。 

その「ミシェル・ブラス」での夕食付きの宿泊プランを利用して、
宿泊+食事で一人59,750円(金額は2015年7月時のもの)

なお、「ザ・ウィンザーホテル洞爺」の宿泊代は高いです。二人1室で4-5万円。

それでも、食事代だけをみても2-3万円(朝食代も含まれています。)。フランス料理のディナーのコースなので、それなりの値段になります。

 

 

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(The Windsor Hotel TOYA) | 北海道

 

北海道・洞爺湖の「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」の詳細は、下のリンクから調べることができます。

 

 

洞爺湖一言メモ
「とうや」はアイヌ語の「トヤ(ト・ヤ)」(湖の岸)に由来する。

 

Have a nice trip! ☻

 

 



Copyright © 2017-2018 KoM's Travel Note All Rights Reserved.


PVアクセスランキング にほんブログ村

[Related Sites]
Travel Note | Graffiti Note | Travle Photo | Flying Note | Managment Note